人生を太く、長く、楽しく生きる方法・まとめ

慢性肝炎が発症し、その後すぐに肝ガンができたにもかかわらず、私が今もこうして元気でいられるのは偶然でも運が良かったわけでもりません。

ビジネスの世界では、何も考えずに黙っていればお金が転がり込んでくるわけではありませんよね。ビジネスプランをしっかりたてて、それに従って実効する必要があります。

健康も同じことが言えます。このサイトを見れば具体的にどうすればいいかをまとめてありますが、健康を手に入れるのに、それなりの知識と信念、そして強い意志と努力が必要だとわかるはずです

「健康」と一言で言っても、体の健康だけではなく、心の健康にも気をつけないといけません。他にも、人生の生きがい、やりがいなどの生きる原動力を見つける必要もあります。

私は「人生を太く、長く、楽しく生きる」ことをモットーにしています。体の健康、心の健康の維持、そして人生を楽しく生きていくために、このサイトを読んでもらえば、具体的に何をすれば良いのかその手がかりはつかめるでしょう。

これさえあれば良いというものはありませんが、私自身が実際に使っているもの、または使ってみたいと考えているものを参考までにリストアップしてみました。

どうして、たくさんあるものの中からあえてこれらのアイテムをリストアップするのか?

それは、この先を読んでもらえれば理解してもらえると思います。とにかく、「シンプルで、本質的、そして長続きできる方法」という基準で選んでいます。

スポンサーリンク

「人生を太く、長く、楽しく生きる」を実現させるために欠かせないものとは?

このサイトのテーマとなっている「人生を太く、長く、楽しく生きる」を実現するために必要な項目を要約してリストアップすると以下のようになります。

  1. 体の健康
  2. 心の健康
  3. 趣味、生きがい
  4. 家族、友達との良好な関係
  5. 働かなくても生活できるだけの資産構築、そして、早期リタイア

このサイトに詳しく書かれていますが、全部を読むのは大変なのでこれらの項目を簡単に説明しようと思います。

1.体の健康:食事と運動

身体的に健康でいるためには明確な方法を知り、強い意志をもって実行するだけなので、それほど大変ではありません。

食事に関してはこのサイトを見れば、どうすればいいのか書いてあります。できるだけ自然に近い状態の食材を食べることと、食べる時間帯、食べる順番さえ気をつければ大丈夫です。

もちろん、摂取できる栄養に限界があるので、サプリメント、青汁なども摂っています。

発芽玄米が簡単に作れる玄米発芽器

かれこれ10年以上、発芽玄米を食べていますが、ガンの再発を今日まで防げられたのは発芽玄米を食べているからと言っても過言ではありません。もちろん、発芽玄米を食べただけでガンの再発防止ができるとは言っていません。しかし、ガンの再発防止に貢献している主な要因の1つであることには間違いありません。

玄米発芽器を使えば毎日でも、自宅で気軽に玄米を発芽させて、食べることができるので嬉しいです。

日本人だけではなくお米を主食にしているアジア人みんなに、ぜひ一家に一台は置いて欲しいと思います。

日本ニーダー(KNEADER) 玄米発芽器 発芽のちから YC101G

発芽玄米を食べるメリットがどれだけあるのかわかれば、きっとあなたも今日からご飯を発芽玄米にしようと思うはずです。

サプリメント

人はいつか、老いてそして死にます。例外はありません。歳をとれば、髪の毛が抜け、肌のツヤがなくなりシワができ、シミも目立ってきて、体力も落ちてきます。

生活習慣病の原因のひとつであるアンバランスな食生活、ストレスなどのせいでフリーラジカルが体内に大量発生し、細胞を破壊することで体が老化していきます。

老化は逃れません。一生、若いままでいられるわけがありません。しかし、老化の進行を遅らすことはできます。

どうすれば良いのか?

老化の元凶である「フリーラジカル」の発生を抑えるか、または消し去ることができれば「老化」の進行を遅らせることができます。

その手段として、細胞を攻撃し、身体を酸化させているフリーラジカルから守る「抗酸化物質」を体内に補給させるのです。そこで、老化を遅らせるのにとても有効なのがサプリメント

忘れていけないのは、サプリメントはあくまで、普段の食事からは栄養素が得られにくい、または足りない場合に補うのが目的であって、サプリメントさえ摂れればいいのではありません。

抗酸化物質は一般的に売られている野菜や果物には乏しいとは言え、一応含まれています。有機栽培のものは抗酸化物質がもっと多く含まれていますが、一日に食べられる量に限界があります。それだけでは大量に発生するフリーラジカルを全部消し去ることは難しいでしょう。そこで、抗酸化物質が高濃度に含まれているサプリメントの出番なのです。

さまざまなサプリメントを飲むことで体内に抗酸化物質を大量に摂り入れ、フリーラジカルを退治させ、そして老化の防止へとつながります。

サプリメントを飲む場合、できれば多くの種類の抗酸化物質を摂取できるようにマルチビタミンや数種類のサプリメントを摂るといいでしょう。抗酸化物質は複数の種類を同時に摂取することで抗酸化作用の相乗効果が発揮できます。

肝炎が発症し、肝ガンの摘出手術をした後にさまざまなサプリメントを試しました。一時期は6種類ぐらいのサプリメントを摂っていましたが、お金がかかります。結局はこの2種類のサプリメントにしぼって、毎日飲んでいます。

効果があるかどうかは正直言って、目に見えてわかりません。ただし、生活習慣を改善し、サプリメントを飲み始めた頃から、肝機能が正常化したのは確かです。

今でこそ、日本で販売されるようになりましたが、10数年前はまだありませんでした。たくさんのサプリメントが販売されている中、この商品に惚れ込んであえてアメリカから購入していました。

肝炎が発症した当初から今日まで、10年以上使っているアメリカン産の製品で販売元はこちら、The synergy company 。ヨーロッパ在住なので、ヨーロッパの支店から購入しています。では、なぜこの会社のサプリメントにしたか?

創設者自信が交通事故に遭い、もう二度と歩けなくなると医者から見放されました。それでも諦めずに、自然治癒力を高め、自力で完治させた経緯があるからです。病気で悩んでいた時に、自分もひょっとしたら彼みたいに完治できるかもしれないという思いから飲み始めました。

ヴァイタシナジー フォーエナジー

ピュアシナジー カプセル

この二種類のサプリメントと日本の妻の実家から取り寄せてもらった青汁を飲んでいます。

毎日たった1本でケアする機能性表示食品、森永製菓の青汁

体幹トレーニング

健康のためにといくら食事に注意しても、病気になることがあります。

その原因を作っているのは、私の経験上で言うと心の病です。心の病を治すのは容易ではありません。コントロールしにくいからです。そして特に気をつけなければいけない所でもあります。

そのかわり、運動なら自分の意思でどうにでもなります。運動も体幹トレーニングを中心に、好きな運動を定期にするだけで大変なこともありません。

私自身が体幹トレーニングを始めてから疲れにくい体質になりました。

そのきっかけになった本で、オススメの本はこちら。

長友佑都体幹トレーニング

2.心の健康:ポジティブに考えて楽しく生きる

何か悩みがあったり、人間関係のいざこざによるストレス、仕事のストレスなどが原因で心が病んでしまうと、身体にも影響してしまうのは皆さんも経験をしたことがあると思います。

心と体が健康であるためにも、心の病は深刻化しないうちに手を打つ必要があります。そもそも、そうならないうちに日頃から気をつけるのがベストですが。

  • ネガティブな事が起きても、ポジティブに考えられる。
  • 生活の中で優先順位を決める際に、人生を楽しく過ごすこと、幸せでいることを第一優先にできる。
  • 細かいことは気にせず、ウジウジしない。

考え方1つで、ものの見方が変わります。それで、ものごとを楽観的とらえて幸せと感じることもできれば、悪い方向に考えてうつになることもあります。私自身が病気のことで悩み、苦しんだ経験を持っているのでよくわかります。

自分だけがどうしてこんなに苦しまなければいけないのか?

何もかもをネガティブにとらえてしまい、生きることがつらいと感じるようになります。私自身が慢性肝炎、ガンと診断され、毎日つらい日々を過ごしました。それからは、なんとか前向きに生きたいと思い、自己啓発本をたくさん読みました。そこから得た知識をもとに、少しづつ物事をポジティブに考えられるようになりました。

もしあなたが、自力で今の状況から抜け出せないのなら、プロの力を借りてもいいでしょう。そのままにしておくよりも、お金をかけてでも解決した方がいいです。

なかなか「うつ病」から抜けられない人に、「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!

今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せRevolution

3.生きがい、趣味を見つける

私は現在40歳代ですが、テニス、ギター、サイクリング、ジョギング、水泳、スキーとたくさんの趣味を持っています。リタイア後も好きな趣味が続けられるように、若い頃から体を鍛えています。

趣味を持つことはリタイア後を楽しく過ごすためだけではなく、現時点においても健康にいい影響を与えます。頭を使うため、ボケ防止にもなります。スポーツなどの趣味なら、体力の維持にも役立ちます。

そもそも、趣味に費やせるゆとりがある事自体がとても贅沢な話です。趣味に夢中になっている時は、人は幸せを感じるはずです。

「人は何のために生きるのか?と聞かれたら、私は迷わず、

「幸せを感じることが、生きている上で一番意義のあること」だと答えます。

趣味は自分だけが楽しいものですが、他人に貢献はしていません。長寿者の多くは何かしらの形で社会に貢献しています。しかも、誰かのために役に立っているという事実が彼らの生きる原動力にもなっています。

そのため、生きがいを持つことで生きることに意義を見いだすため、苦しいことが起きても生きる活力と原動力となります。長生きする秘訣の一つに、趣味と生きがいを忘れずに。

生きがいについて (神谷美恵子コレクション)

ブログ、サイト運営

運営ネット環境があれば、世界中どこにいてもできるサイトの運営。自分の趣味をいかして、一生かけてサイトを作り上げていくのはどうですか?年をとって、何もやることがないと心配しているのなら、考えてみる価値はありますよ。

残念ながら、私はまだまだその域には達していませんが。うまくいけば、不労所得も夢ではありません!

私自身は有料の教材は使わずに独学で、このサイトを立ち上げました。だから、このレベルのサイトでしかありません。デザインもシンプルです。初めから、有料の教材を購入してちゃんと学び、有料のワードプレス・テンプレートなどを使って作れば、もっとデザインがキレイなサイトができたと思います。

人に勧めておきながら未だに渋って買っていませんが、興味があればこちらをどうぞ。

4.家族、友達との良好な関係を築く

人は漢字のごとく支え合ってこそ成り立ちます。生まれた時から一生が終わるまで、多くの人に会います。上手に人間関係を築くことが出来れば、その人の人生はとてもたくさんの愛に包まれ、豊かなものとなるでしょう。

夫婦関係

老後は体が思うように動けなくなり、普段の生活も一人ではきつくなる時期が来ます。一人でいるよりも二人でいた方が何かと便利な時期が来るでしょう。

家事全般から、買い物、通院、家でケガしたり、倒れたりした時にその場ですぐに助けてあげられる人がいると、とても安心します。年を取れば取るほど、ひとりで暮らすよりも誰かと一緒に暮らし、お互いに支え合う方が何かと都合がいいかと思います。

親子関係

自分が年を取って、伴侶に先に立たれたとき、最後に頼れるのは自分の子供達です。苦労して育てた子供だから、子供が親の面倒を見るのが当然というのは一昔。どんなに苦労して育てた子供でも、嫌われたらそっぽを向かれて面倒を見てもらえません。

老後から子供達と良い関係を築こうとしても遅いです。親子関係は生まれたときから始まっています。小さいときから子供達とよく接し、遊び、話を聞いてあげ、お互いの信頼関係を築くことが大事です。

友人関係

リタイアした後は時間がたくさんできます。毎日夫婦だけでいると煮詰まってきます。外に出て趣味を通じて他の人たちと交流したり、昔からの友人と会って交友を深めるのも生活にメリハリがついていいと思います。特に昔からの友人は気心の知れた仲で、腹を割って話せるため、気を張らなくて済みます。

5.資産の構築ー>早期リタイアー>好きなことだけして生きる

健康的な食事を摂り、適度な運動もし、心の病も特にない。仕事もプライベートもそこそこ充実しているのなら、おそらく長生きできる可能性は高くなるでしょう。

しかし、私はそれだけでは満足しません。もっと欲張って、一度しかない人生を仕事に費やすよりも、できるだけ早期リタイアし、好きなことをして生きたいと考えています。(趣味が仕事になっている人や、仕事が楽しくてたまらないと思っている人は別ですけど)

そうするには、働かなくても生活ができるだけの資産が必要となってきます。世の中で早期リタイアをしている人たちの多くは不動産投資、株式投資、アフィリエイトなどから収入を得ています。どれがいいかはその人の性格と才能にもよりますが、やってみなければわからないので、いろいろな可能性を試してみるのもいいでしょう。

不労所得

私が得ている資産の8割が不動産投資によるもので、2割は株式投資です。アフィリエイトは現在進行形で、ほぼゼロに等しいです。もっとも、不動産投資だけでも早期リタイアできるだけの資産は貯まっているので、アフィリエイトに頼らなくても平気です

巷には不動産投資についての書籍がたくさんあります。どの方法がいいかは、正直言ってわかりません。なぜなら、私の投資先は日本ではなく、ヨーロッパのとある国だからです。

ヨーロッパでは、不動産の価格が年々5%以上も値上がりしているため、20年以上前に買った物件の価値が2倍以上になっています。日本では事情が少し違うので、日本での不動産投資はこうした方が良いとは偉そうには言えません。

なんでもいいのですが、何らかの不労所得があるか、一生食べていけるだけの資産があればいいのです。そうすれば、人生の選択肢が増えます。リタイアして残りの人生を楽しく過すもよし、そのまま仕事を続けてもいいし、いつ辞めてもお金に困ることがないので、心にゆとりができます。

ちなみに現時点での純総資産は2億円ぐらいでしょうか。決して多くはありませんが、リタイアしても十分にやっていける資産です。

不動産か株式投資で3,4%の利回りで運営すれば、資産を切り崩さなくても年間に600万から800万がふところに転がり込んでくる計算になります。日本はもちろん問題なくリタイアできますが、もっと物価の低い東南アジアなどに住めば資産が2,3倍の価値になるので、日本にいるよりも生活水準の高い生活が送れます。

人工が減る日本ではなく、世界に目を向けてください。不動産投資に有望な場所がかならずあります。

まずは不動産投資の大事な点を抑えておきましょう。投資をするのなら、何年も先まで待つのはなく、早いうちに投資をすることをオススメします。投資はタイミングと長い期間かけて利益をあげる必要があるので、早い時期に投資をするにこしたことはありません。

はじめての不動産投資成功の法則 改訂版

お金があれば、心にもゆとりができる?

お金のゆとりができれば、心にもゆとりができるし、働かなくていいので、自由な時間もできます。その結果、好きなことをして、楽しく生きることができる。誰もが考えつきそうなそうなことですし、実際に若くしてセミリタイアしている人たちもたくさんいます。

不労所得がある人、たっぷり貯金がある人の中で、日本という場所にこだわらずに、海外に飛び出て、異国での生活を楽しむ人たちも多くいます。

とにかく、健康、自由、お金があれば好きなことをして過ごせる。昔と違ってネットさえあれば、 距離はあっても簡単に繋がれるので、 身近に感じられます。

世の中でもっとも大切なものは健康だとは思います。しかし、幸福度はある一定の収入(年収800万)までは比例していることでもわかるように、お金が全く無いよりはあるに越したことはありません。

まとめ

かなり、簡単にまとめてみました。

実は心身ともに健康を手に入れ、「人生を太く、長く、楽しく生きる」ことは難しくないのです。知識、信念、強い意志、努力があれば誰でも実現できます。

肩の力を抜いて、楽しく人生を過ごしましょう!

スポンサーリンク