バランスのいい食事やはり正しい、健康食は続けてこそ意味がある

balance meal偏った食事は栄養価の原因になり、健康に悪いと昔から言われてきました。「バランスよく食べよう、1日30種類の食品を食べよう」と子供の頃よく言われていました。あの頃はもちろん健康に関心を持っている子供はそれほどいたとは思えません。この言葉の意味の大事さを、自分が大病してかようやくわかりました。

「バランスよく食べる」という意味を、少し違う角度から見てみましょう。きっとその大事さを再認識することでしょう。

スポンサーリンク

昔は体に良いと言われていた食品が今では悪い

milk健康に良いとされている食品は時代によって変わってきました。

例えばマーガリンですが、植物油なので動物性のバターより健康だと言われていました。しかし植物油に水素を添加してマーガリンやショートニングを作る過程でトランス型脂肪酸が発生します。このトランス型脂肪酸は悪玉のLDLコレストロール値を高め、善玉のHDLコレストロール値を下げます。そのため、血液中のコレストロールの数値を大変悪くしています。

マーガリンは体に悪いとわかれば、自分の意志で消費しなければ済みます。しかし、ショートニングはクッキーやスナック菓子、大量生産のケーキ類に使われています。他にもさまざまな便利な調理済などの加工品にも使われています。これらの加工品に含まれてしまうと、よほど注意しない限りは気づきません。

他にも身近な食品で頻繁に話題に上がってくるのが、意見が別れるもので牛乳、乳製品、緑茶、コーヒー、赤ワインなどの食品があります。カルシウム、カテキン、ポリフェノールが含まれているから健康に良いと言う人もいれば、下痢を起こすから、胃が荒れるから、肝臓がやられるからなどと逆のことを言う人もいます。

どっちを信じればいいのか?一体何が正しいのか迷いますよね?

私の個人的な判断の仕方は、疑いのある食品は基本的に食べないことにしています。あるいはその食品がなるべく自然な状態なのか、あるいは加工品なのかどうかで選ぶようにしています。とはいっても、多少の疑いがあったとしても、少量なら食べたいと思えば食べています。我慢すると精神衛生上よくありません。逆にストレスを抱えるので。

流行の健康食品

yagourt日本は何か新しい物が流行るとすぐに飛びつきます。健康に関する情報も同じです。「これを食べれば痩せられます。」「〇〇を1日に1個食べるダイエット法。」などがテレビや雑誌で、もてはやされるとみんなが始めます。カスピ海ヨーグルト、りんご、バナナダイエット、納豆、ココアなどは健康に良いので毎日食べるようにススメます。

しかし、今でもそれを実行している人はどれだけいるのでしょうか?ブームが過ぎ去り、違う食品がもてはやされるとそっちの方に移ります。どれも健康に良いはずです。しかし、続けなければ意味がありません。

そういう私も、いろいろ試しました。コーカサス地方の伝統的な発酵食品ケフィアヨーグルトを毎日作って食べていました。それも、牛乳を使うのではなく、豆乳を発酵させていました。結構おいしく、1年ほど続けていました。しかし、だんだん面倒になり腐らせてしまい、止めました。他にも、5、6万円する酵素を破壊しないこと売りにしている低回転のジューサーで毎朝、ジュースを作っていました。これも掃除が大変で長続きしませんでした。

過去の経験を元に今では健康食品を選ぶのに以下の基準で選びます。

  • 簡単に材料が手に入る
  • 手間がかからない
  • 毎日食べることが苦ではない、飽きない

とてもシンプルです。ジュースも低回転のジューサーではなく、簡単な絞り器でオレンジ、グレープフルーツ、レモンを絞り飲んでいます。ヨーグルトも自分で発酵させるのではなく、割高ですが豆乳ヨーグルトを買って食べています。100%満足しているわけではありません。しかし長続きできることは間違いないでしょう。

バランスよく食べることが大事

健康食品を言われたとおりに毎日食べていれば大丈夫だと思っていませんか?

問題は、毎日食べている食品が今は健康でも、いつか体に悪いと言われるかもしれないのです。健康食品だと思われている食品だけを食べていると、いつか有害だったことを知らず知らずのうちに体内にためていたことになりかねません。

そういう意味でも、バランスよく食事を摂るというは正しいのです。偏りのないさまざまな食品を食べていれば、たとえその中に有害物質が含まれていたとしても全体で見れば微量に過ぎないからです。さらに、食物繊維をたくさん食べていれば、脂肪や糖質、有害物質などが食物繊維にからまり、排出してくれます。

「バランスよく食べる」というのは栄養面からみて効果があるだけではなく、有害物質や発がん性物質などを摂りすぎないようにリスクを抑えるという面でもオススメです。

まとめ

巷で話題になっている健康食、健康法があってもすぐに手に出さないことオススメします。昔からある健康法、民間療法、おばあちゃんの健康法などが今日まで伝えられているのは、それなりの理由がある気がします。続けてほしい健康食品、健康法はおそらく一般的に皆が知っていることでないでしょうか?

そういうわけで、昔から言われている「バランスよく食べること」をあらためて見直してはどうでしょうか?

野菜が不足な方にこちらはどうでしょうか。もちろん新鮮な野菜を摂ることが1番ですが、忙しい人にはオススメです。
毎日たった1本でケアする機能性表示食品!森永製菓のおいしい青汁

スポンサーリンク